【看病:50代④】⑩諦めない事の大切さ「生保・健保からの有り難い言葉」

「生命保険会社」や「健康保険組合」の方から、有り難い言葉を掛けて頂いた事があります。

 

命保険会社は➡入院給付金等の請求

健康保険組合は➡傷病手当金等の申請

 

生命保険会社のコールセンターでは、「センター長」さんが担当になって下さった時期がありました。

夫の健康保険組合の担当者は、法令だけでなく「通達」に詳しいベテランの方でしたので話がスムーズでした。

 

生命保険会社のコールセンター長さんからの「忘れられない言葉」があります。

退院したと思ったら、また入院…。

話の途中で声がつまり、泣いてしまった事がありました。

「奥さん、しっかりしなさい!」

「どんな時でも、毅然とした態度でいなさい!」

「諦めず、強い気持ちを持つ事が大切ですよ!」

 

沢山の案件を扱っている中での経験から出てきた言葉なのでしょうか。

「諦めてはいけない」

「必ず良い結果が出る」

という言葉を繰り返していました。

 

 

健康保険組合の担当の方からは、「御礼」を言われました。

その方が、人事異動で本部へ戻る時でした。

「ご主人様は、立派な方だと思います。」

「何度も病気になりながらも、働いておられて。」

「病気で休まれている方々の、励みになっています。」

「堂々としていて羨ましい、と言う方もいました。」

 

思いがけない言葉に驚きました。

理事長、常務理事、事務長からの伝言もございました。

「働く事も大事だけど、人生は長いから一度少し休んだ方が良いのでは」と伝えておいて欲しい、と言われました。いいですか?僕はちゃんと伝えましたからね。ご主人に伝えておいて下さいね。

 

生命保険会社のコールセンター長も、健保組合の方も、単に事務的に進めるだけでなく、思いやりのある言葉に感謝致しました。

 

私も夫を見ていて「強い男性」だと感じる事があります。

昔は、男性に生まれていたら夫みたいになりたいと思った事もありました。

しかし、今は無理だと思っています。

私はこんなに強い人間ではありません。

何度もがんを言い渡され、果たして仕事に打ち込めるか…自信がありません。

 

夫から言われた事があります。

「諦めたら終わりだ。」

「“絶対生きる”という強い気持ちでいられるのには理由がある。」

 

その理由を聞いて吃驚しました。

私を一人に残せないから、だそうです。

 

ブログの読者と仰る方から頂いたメッセージです。病気をお持ちの方です。

“諦めない限り、人生はいつまでも楽しい”

貴重なメッセージ、ありがとうございます。