【看病:50代⑤】③10月の手術前に髪の毛が元に戻りました

医療用帽子は、手術前の10月1日から取る事にしました。

  

<化学療法は、その年の3~7月>

・3月➡入院3週間

・4月➡入院8日・外来2回

・5月➡入院10日・外来1回

・6月➡休

・7月➡入院7日・外来1回

・化学療法終了

  

<髪の毛>

・7/9:最後の化学療法(外来)

・7/22:髪の毛が生えてきました

・9/5:伸びてきました

(あとは前髪だけ…)

・9/22:元の長さに戻りました

・9/26:家でヘアマニキュアをしました

(精神的に落ち着いた様子…)

  

<医療用帽子>

色々な事がありました…。

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 二人でよく行く「お蕎麦屋さん」と「とんかつ屋さん」があります。

お店に入った時、夫の医療用帽子に気が付いた様でした。

 

「いらっしゃ…」の後、笑顔が消えました。

黙って水を置いていました。

お蕎麦も、いつもは話しながら置いてくれるのに…。

 

前に座っている夫の顔を、チラッと見ました。

普段と全く変わらない様子の夫でした。

 

でも、お店の皆さんは違います。

神妙な顔をしています。

いつもと空気が違います。

 

なんだかドキドキしてきました。

緊張しました。

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 帰宅後、夫に笑いながら言われました。

 「美味しかったかい?」

 

「…えっ?」

 

緊張していた事に気が付いていたそうです。

 「味、わからなかったんじゃないか?」

 

「……」

 

「堂々と、いつもと同じ様にしていればいい。」

 

「…はい。」

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 医療用帽子ですが、洗濯機のマークがありました。

でも、手で洗っていました。

 

「体の一部分」という気がしていました。

夫の背中を拭いているかの様な感覚です。

 

鏡を見ながら帽子の位置を直す夫を見ていると、帽子に守られている様に見えました。

「頭皮」だけではなく、「精神面」もです。

帽子を被ると、明るく前向きになれる。

 

医療用帽子には、優しく心を癒してくれる、不思議な力があるのかもしれません。

 本当にお世話になりました。