【看病:50代⑥】⑦不思議な出来事「義父母の遺影に“手術はしない”と報告した結果」

夫が「手術はしない」と言っている事を、義父母の遺影に報告した結果、また不思議な事が起こりました。

 

 

主治医から「手術」の話を聞かされた日。

帰りに、病院の食堂に寄りました。

 

夫から、きっぱりと言われました。

「手術はしない。」

 

「手術はしない」という理由は想像出来ました。

・「病気」より「勤務先」を気にしている…

・「命」より「仕事」が大事…

・これ以上、勤務先に迷惑をかけたくない…

・手術の話をしなければ、人事関係にも影響はない…

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

私は、義母の話を思い出していました。

生前、義母から何度も何度も聞かされていた話です。

1-②義母からの教え「50歳になったらする事」
『義母は生前、何度も何度も同じ話を私にしていました。…』

<抜粋>
二人が50歳になるのは今から20年後。
日本の医療は進歩して治療法は沢山あると思う。

①まず、「この病院」というのを1つ決めなさい。
②そして、「この先生」という人を1人決めなさい。
③治療法は「二人で」よく話し合って決めなさい。
④もし、治療法に迷ったら「先生の言うとおり」にしなさい。

 

この④…。

【④もし、治療法に迷ったら「先生の言うとおり」にしなさい。】

 

主治医は、「手術は、早い方がいい。」。

夫は、「もう手術はしたくない。」。

 

少し考える時間が必要でした。

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

帰宅後、夫はすぐに寝てしまいました。

7度目の入院…。

精神的に辛そうでした。

 

私は、義父母の遺影の前に立ちました。

 

ギュッと目を閉じて、全身でお願いをしました。

「”手術はしない” と言っています。」

「それでいいのでしょうか…。」

「悩んでいる様です…。」

 

「お願いします!」

「夢に出てきて会ってあげて下さい!」

 

以前お願いをしたら、夢に出てきた事がありました。

今回は、手を合わせたという「自己満足でもいい」と思っていました。

5-⑥義父母の遺影にお願い「その結果…」
『義父母の遺影には、朝晩の挨拶だけでなく報告などを含めてよく話しかけます。…』

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

でも…

また…

信じられない事が起こりました…。

 

翌朝、夫に言われました。

「親父とお袋の夢を見た。」

 

(えーーーーーーーっ!)

(うそでしょうー!!!)

(落ち着いて、落ち着いて…)

 

夢の話を聞きました。

〇どこかの、ショッピングモールの様な場所

〇義母「もう頑張らなくていい。」

〇義父「もっと頑張れ。」

〇二人で歩き始めたが、義父だけが戻って来た

・「もう頑張らなくていい。」

・「でも、仕事だけは辞めるな。」

・「仕事を持って入れば、後ろ指をさされる事はない。」

 

私が聞きたかった事は、「手術をするか、しないか」。

(どうしよう…わからない…)

 

 

翌週は、内視鏡があります。

なるべく多く残すため、切除する場所に印をつけるための検査です。

 

夫に気持ちを聞きました。

「その検査は受ける。」

「でも手術はしない。」

 

まだ迷っている…と思いました。