【看病:50代⑥】⑯手術前に胃カメラを2回した理由

PET検査の4日後(火)は、「2回目の胃カメラ」でした。

 

 

夫と「なぜ2回も?」と話していました。

 

2週間前に胃カメラをしたばかりです。

珍しい場所に、がんが見つかりました。

 

「全身に潜んでいるかもしれない」という事で、急遽(金)にPET検査。

結果待ちの状況。

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

翌月の3月から入院になりますが、この7度目の入院に至るまで、「今までに見た事のない主治医」でした。

 

とにかく、全てが速い。

動き、指示、話し方までも。

 

胃カメラを2回した理由はわかりません。

特に聞きたいとも思いませんでした。

 

でも、たぶん…

健保組合勤務時に、読んだ事があります。

“PET検査でも発見しにくい部位がある”

“他の検査を併用して見つける事が必要”

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

2回目の胃カメラ、当日。

主治医は、胃カメラの先生に「どの様な指示」をしているのか…。

 

 

検査が終わりました。

夫が検査室から出て来ました。

 

いつもは笑って平気な顔で出て来ます。

でも、ハンカチを口に当てていました。

 

話を聞いて驚きました。

検査は「胃カメラの先生」ではなかった。

 

「主治医」が自ら検査。

「麻酔なしでやります。」

「コロコロ動いてもらいたいから。」

 

「麻酔なし」と聞いて、他の先生も看護師さんも、驚いた表情になったと言っていました。

麻酔なしのため、「ゲッ」となったそうです。

そのたびに3人の看護師さんが、「大丈夫ですか?」と心配して声をかけてくれたとの事。

 

そして、PET検査結果は翌(月)でした。