【看病:50代⑥-25】手術後、初めての外来日に「そのまま再入院」

手術は予定どおり無事に終わりましたが、初めての外来日に「そのまま再入院」になります。

 

 

手術は予定どおり無事に終わりました。

ぴったり6時間。

 

手術直後、主治医から食事について話がありました。

夫はまだ麻酔の中。

「臓器の位置が変わっている。」

「食事はゆっくり経過を見ながら判断して行く。」

 

ICUでは、ずっと天井を見ていたそうです。

夫は、まだ喋る事が出来ません。

 

夜は、隣の高齢女性の「お父さぁーん、お父さぁーん。」という声で眠れなかったとの事。

 

看護師さんが、夫のカーテンを何度か開け閉めしている気配がして…

しばらくすると…

「耳栓」を持って来てくれたそうです。

 

「流石はプロ。」

「頼まなくても耳栓を持って来てくれた。」

「お陰でよく眠れた。」

 

本当、素晴らしいですね。

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ICUから個室に戻ると、頑張って歩き始めました。

何度も手術をしているので慣れています。

 

主治医からも「順調ですね」と言われていました。

 

しかし、段々歩かなくなりました。

病室のベッドの上で、考え事をする様になりました。

 

3月中旬を過ぎ…

勤務先の事を気にし始めた様でした。

「胃がもたれる」と言い出しました。

 

入院前に「内辞」がありました。

退院後は「新たな職場」の責任者。

 

しかし、発令日の4月1日は「入院中」。

責任者なのに、発令早々「病気休暇」。

 

ある日の夕方。

主治医に聞いていました。

「仕事にはいつ頃から行けますか?」

 

主治医は即答。

「夫次第です。」

「歩いて下さい。」

 

そして、4月上旬頃に退院をしました。

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

退院日の夕飯から、一気に沢山食べていました。

 

そして…

「お腹が痛い…。」

「早く歩けない…。」

「食べ過ぎの様な気がする…。」

 

(私もそう思います…)

(嫌な予感…)

 

退院後、初めての「外来」は約10日後。

その「翌日から出勤」する予定でした。

 

しかし…

その外来日に、そのまま再入院になりました。