【看病:50代⑦】②レントゲンの結果「あともう少しでイレウス(腸閉塞)」

7度目の退院後、初めての外来日に「レントゲン」をしました。

 

 

レントゲンの結果…。

 

画像を見ながら主治医が一言。

「痛いでしょう…?」

 

「あともう少しでイレウス(腸閉塞)。」

「その手前。」

「すぐ入院。」

 

何故こうなったのか不思議そうでした。

「食事はどうしてた?」

 

ドキドキしました。

(あっ…)

 

夫が即答。

「言われた通りの食事をしていました。」

 

実際は食べ過ぎです。

(えーーっ!)

(うっそー!)

(全然、守ってないのにー!)

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

主治医は本当に不思議そうでした。

「そうですか…。」

 

点滴・採血・CT検査をしました。

すぐに結果が出ました。

 

20年来の主治医です。

夫の性格はわかっていると思います。

 

しかし、決して患者を叱ったり責めたりする医師ではありません。

「そんなに悪くはないが、今日から入院。」

「明日からお粥。」

「全粥でもいいくらい。」

「2,3日で退院。」

 

お粥と聞いた夫から、早速買い物の指示。

「お粥じゃお腹がすく。」

「豆腐、漬物、ハムを買ってきて。」

 

夫婦喧嘩になるので、嫌々買ってきました。

主治医には言えません…。

 

段々…

ハンバーガー、ナゲット…

 

当然、入院期間は延長。

「2,3日で退院」の予定が…。

「2週間入院」をしていました…。