【看病:50代⑦】⑥7つ目のがん手術後、異動先で職場復帰

7つ目のがんが見つかり、入院前に「4月1日付人事異動」の連絡がありました。

 

手術は、2017年3月10日。

4月1日の発令日まで3週間あります。

 

しかし、退院日は4月29日。

異動先では責任者として着任予定でした。

 

異動先の初出勤は、5月9日。

発令日から1か月以上も先。

 

それまで、承認印を押す人がいません…。

職員の方々は、仕事が滞り困っていました。

 

夫が復帰するまで、本部の方が代わりをして下さいました。

 

 

私は、会社員時代人事経験が多く、社員の悩み事・不満も聞いていました。

そのため、夫ではなく、職員の皆さん側に立って考えてしまいます。

 

職員の皆さんは、本部や夫に対してどの様な気持ちだったのでしょうか…。

 

答えはすぐに出ました。

考えるのが辛くなりました。

 

(絶対良くない…)

(責任者を変えるべき…)

(異動先で、最初から皆さんにご迷惑をお掛けしてしまっている…)

 

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

夫は、4月1日から出勤する予定でした。

 

しかし、早期発見でも珍しい場所にがんが出来たので、大手術になりました。

そのため、いつもより痛がっていました。

 

かなり痛くなる事については、手術前に主治医から話を聞いていたので、覚悟はしていました。

 

 

その頃、某健康雑誌で、同じ外科の大手術をした方を知りました。

〇お笑い芸能人➡1年間は体中が痛くて仕事は出来なかった。妻と散歩をしてゆっくり過ごした。

〇大学の先生➡半年で職場復帰をしたが、講義中は立てなくて座って話をした。座布団が必要だった。

 

……にもかかわらず、夫は退院後すぐに復帰した事もあり、段々痛くなってきました。

 

無理をしたせいか、痛みが段々強くなってきました。

駅の階段も一段一段…と、辛い状態でした。

当日欠勤が増えてきました。

 

 

見ている私が、焦ってきました。

(もう、これ以上職場の皆さんにご迷惑をお掛け出来ない…)

 

夫に対しても、焦りを感じ始めました。

(仕事は大事だけど、少し休んだ方がいいのでは…)

 

 

そして、夫に休職の話をする事にしました。