【看病:50代⑦】⑭休職と賞与

10月から休職になり、12月は賞与の支給日でしたが欠勤数が多く支給対象外でした。

 

 

OL時代に、人事部の経験があります。

〇夫から休職の話が出た時、すぐに「給与規程」と「賞与規程」を読みました。

〇賞与が支給されるためには、「在籍期間、欠勤日数、休職の有無」など、色々関係します。

〇幸い夫の勤務先は、ネットで情報公開をしているため、見る事が出来ました。

 

そして…

12月の賞与支給は、無理と判断。

欠勤が多く、勤務日数不足。

12/1は既に休職期間内。

…諦めました。

夫には、すぐには話をしませんでした。

ショックを受けると思ったからです。

 

しかし…

11月中旬頃。

人事労務部から電話がありました。

〇このままだと賞与支給対象外

〇数日間勤務日数が足りない

〇病気休暇の利用を提案

〇ライフサポート休暇の利用を提案

〇そうすると、欠勤ではなくなる

〇休職開始も、10/1➡12/5に変更

 

ただただ、驚きました。

〇単純に「事務をこなしているだけではない」事に…。

〇休職している「職員の気持ちを考えている」事に…。

〇「一人一人の立場」になって仕事をしている事に…。

 

まさかの電話に本当に驚きました。

ありがとうございました。