2.目次「2度目の入院(50代①)外科」

①転勤先での住居「法人契約を個人契約にお願い」
『2度目の病気発症は転勤先でした。…』

②転勤先住居での出来事「高齢一人暮らしの危険」
『管理人さんの話では、居住者は全員男性で平均年齢は60歳という事でした。…』

③転勤先住居での出来事「フロントからの体調報告」
『フロントでは、入居者の体調管理もしてくれていました。…』

④転勤先住居での出来事「義父母の写真と仏具セット」
『ストレス解消のために、「義父母の写真」を部屋に飾る事にしました。…』

⑤読者様からのご質問「法人➡個人契約時の賃貸料交渉」
『読者様より、同じ質問を複数頂きました。…』

⑥写真が教えてくれた大切なこと
『転勤先で1年が過ぎた頃に、突然発令がありました。…』

⑦二度の同じ過ち「都合の良い解釈」
『二度も同じ過ちをしてしまいました。…』

⑧読者様からのご質問「知人の勉強方法」
『以前、ブログでご紹介をさせて頂いた「勉強好きの知人」について、読者様からご質問を頂きました。…』

⑨亡き義母からの「2度目の暗示」
『初めての手術から約15年後に、転勤先で新たにがんを発症しました。…』

⑩夫に会うための休暇の連絡「思いやり・信頼」
『夫から、入院・手術が必要だという話を聞いたのは夜でした。…』

⑪病院を検索「初めて手術をした約15年前の病院」
『夜、転勤先の夫から手術をすると聞かされ、すぐに上司に休暇の連絡をし、次は病院です。…』

⑫アポなしで病院へ「断る事をしなかった職員の皆様」
『あの日は、無我夢中でした。…』

⑬30代手術時の病院に「手術、主治医のお願い」
『ちょうど同じ時刻、夫も転勤先の病院で医師から手術の説明を受けていました。…』

⑭偶然の重なり「遠く離れた病院の医師同士で会話」
『先生(現院長)と話をしている途中、転勤先の夫から電話が入りました。…』

⑮昔と同じ主治医のお願い「30代手術時と同医師」
『手術をする病院が決まり、また「主治医の話」に戻りました。…』

⑯転勤先の夫と再会「皆様からの励ましの言葉」
『先生(当時副院長)に、「この病院での手術」、「前回と同じ主治医」のお願いをする事が出来たので、飛行場に向かう事にしました。…』

⑰手術のため東京に到着「その日に入院、2日後に手術」
『東京に到着した日、自宅に寄らずそのまま病院へと向かいました。…』

⑱手術前日、待望の主治医にご挨拶「約15年振りの再会」
『手術前日に、「待望の主治医(30代手術時の先生)」にご挨拶をする事が出来ました。…』

⑲手術当日「家族の様な先生方や看護師さん」
『手術前日に、「待望の主治医(30代手術時の先生)」にご挨拶をする事が出来ました。…』

⑳病理検査の結果「今回も想定外」
『病理検査の結果は、約1か月後でした。…』